ソフトボール バッティング

ソフトボール バッティング

ちょっとしたコツと打ち方だけで格段に良くなるソフトボールのバッティング。 そのコツ、打ち方とは。

欲張り通販 > ソフトボール バッティング

ソフトボール バッティング コツ

ソフトボールのバッティングにはコツがあります。
それも練習で慣れればそんなに難しいものでもありません。
そのコツの難易度よりも、
試合の緊張感の中でボール・
ストライクを見極めながらそのボールを捉えていくセンスや技術は必要ですし、それは
反復練習と試合慣れで
身につけていくしかないとは思います。

でも、そのコツを知らずに練習に時間を費やすのはとても勿体無い事です。

下記の商材は私が実際に実践したものですが、一度ご覧ください。野球ですがソフトボールのバッティングにも
応用できます。後は以下の打ち方で強打者に変身です。

詳しくはコチラ

元近鉄バファローズ村上隆行のお父さんでも一流の打撃コーチになれる少年野球バッティング指導法

ソフトボール バッティング 打ち方

コツを覚えたら後はボールを捉える打ち方だけです。
一番ヘッドスピードが上がる打ち方と一番ボールに力を伝える事のできる位置の打ち方が合って
尚且つボールの少し下のバットが入ってダウンスイングできた時に初めて伸びのある飛距離が出る
打球が打てます。(ホームラン)
打ち方のコツは少し遅いかな?と思うぐらいが丁度いいと思います。

最低限ヘッドスピードの上がる打ち方で捉えると、打ち損じても球脚が早いのでゴロでも内野を抜けやすく
なりますし、そのまま外野を抜けていく事もあります。

前述のコツは、ヘッドスピードを上げる一番の方法ですから実践してみてはいかがでしょうか。
元プロ野球選手のシンプルでわかりやすい内容はお子さんでも習得できるはずですし、もちろん大人でも
同じ事なのでレベルアップは間違いないでしょう。

「そんな打ち方で本当に変わるの?」

因みに私は、実際にこのコツと打ち方でどのように変わったかに少し触れるなら
1、レフト方向に力強い・距離の出る打球が打てるようになった
2、ゴロでも内野を抜ける確立が増えた
3、レフト方向でも外野の頭を越すようになった

ソフトボールは、非力でもコツと打ち方で驚くほど変化します。

いかがですか。チャレンジしてみませんか?